更年期障害は抜け毛に関係する?の情報ページ

更年期障害は抜け毛に関係する?

抜け毛に関係する?

女性にとって肉体的な大きな転機となるのが更年期です。

 

更年期とは、閉経することになる前後10年間を指していて、日本人の一般的な閉経年齢は50歳であることから、45歳〜55歳くらいが更年期と呼ばれる時期にあたります。

 

ただ更年期と言っても個人差が大きいので、必ずしも上述した年齢にあてはまるとは限りません。

 

この更年期に入ることで、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌が極端に低下してしまいます。

 

これは身体の機能としてのことになるのですが、脳としてはエストロゲンを分泌させようとして他のホルモンを分泌することになります。

 

しかし、エストロゲンの分泌そのものが行われなくなってしまうので、他のホルモンは増えてもエストロゲンの分泌はそのままですので、ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

 

このホルモンバランスの乱れがいわゆる更年期障害です。

 

更年期障害とは、身体のほてり、のぼせ、頭痛、眩暈など様々な症状を起こしてしまうものであり、症状の出方や強さにも個人差が大きく出てきます。

 

更年期に入ったとしても、ほとんど症状を感じない人もいれば、日常生活がままならないような不快症状を起こす人も少なくありません。

 

更年期障害であると診断される女性はおよそ3割程度だそうですが、実際に深いな症状を起こしている女性は8割ほどの人が何らかの症状が出ているそうですね。

page top