育児の長い期間をやっぱり考えるとカフェインやアルコールは?

育児の長い期間をやっぱり考えるとカフェインやアルコールは?

育児

カフェインやアルコール他にもレバーなど赤ちゃんに影響が出やすいのは発育の成長を妨げるものに変わります。

 

奇形を含めた発達に障害が出やすいという事を考えるとやっぱり赤ちゃんが生まれてからの事を考えると育児を含め小学生に進学などその先まで考えると非常に大変です。

 

妊娠中はおよそ1年ぐらいなので、少し我慢していくというのが大切かもしれません。逆に妊娠前から継続が大事だったり、また妊娠中だけは量を増やした方が良いのはやはり葉酸です。

 

葉酸も赤ちゃんに影響が出やすい栄養素ですが、逆に欠乏すると悪影響がでる栄養素です。もともと貧血でも悪性貧血に関係がある葉酸ですから普段の時から摂取していきたい栄養素ですし、ビタミンでも重要なビタミンB群なので水溶性ですから吸収率も悪いです。

 

神経管閉鎖障害や無脳症に加えて二分脊椎のリスクがあるといわれています。そのため葉酸は、母子健康手帳に葉酸の摂取表記がなされているぐらいです。

 

オリゴ糖と同時に葉酸を摂取しても干渉しないのも魅力的ではあるので、妊娠中の便秘の解消目的と同時に赤ちゃんのためにも摂取しておきたいところです。

▲育児の長い期間をやっぱり考えるとカフェインやアルコールは? 上へ戻る
育児の長い期間をやっぱり考えるとカフェインやアルコールは? page top