泥を使用したシャンプーが何気に好き?

泥を使用したシャンプーが何気に好き?

泥

シャンプーでは色々ありますが、泡立てるとどれも真っ白になります。原液が黒い場合には炭を使用してある場合もありますが、泥を使用してある場合には、灰色をしています。

 

そのほかに使用されている成分によって現役の色合いが変わりますが、海藻類が多いと緑色をしていますよね。

 

泥が入っていても海藻系の色合いの方が勝るのかもしれません。昔湖など見に行ったことがありますし、滝のところには湖みたいになっていますが、深緑色した池になっていたりします。

 

そんな深緑色したシャンプーですが、泡立てるとサッパリ感のあるキレを感じる泡立ちになったりするので不思議です。そんなキレで勝負するシャンプーなどの話をします。

 

泥を使用した製品はシャンプー以外にも多く洗顔料で特に使用されている事が多いかもしれません。

 

泥の事をクレイとも呼ばれますが、新潟県で取れるモンモリロナイトや福島県の棚倉クレイなどが有名です。また火山灰などが使用されていたりすることもあります。

 

クレイが配合されているシャンプーとかクレイ特有のとげの様な状態といっても微粒子なので目では分かりませんが、目に入るとトゲの様な粒子が痛みが出る場合があるので、特に気を付けて使用するのが大切かもしれません。

 

赤血球などの大きさとも呼ばれるぐらいなので、毛穴の中など細かい汚れなどを落とすのに向いているので、スッキリさっぱりしやすいのが特徴かもしれません。

▲上へ戻る

page top