石鹸シャンプーを久々に使ってみることにした。

石鹸シャンプーを久々に使ってみることにした。

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーというと特有のきしみ感ですが、すすいだ後にリンスを使用すれば髪のきしみ感は戻ります。

 

石鹸シャンプーはすすいでいる時からもうきしんでしまいますが、石鹸の特徴でもある、すぐに石鹸の洗浄剤が落ちるというのはきしみ感が少なく感じやすい魅力でもあるかもしれないですね。

 

アミノ酸系シャンプー特有のヌルヌル感が残るのであればすすぐ時間も長くなるし、その間髪が絡まって洗いにくくなります。

 

久しぶりに石鹸シャンプーを使うとかなりきしみますが、慣れるときしむことにも慣れてしまうといった感じで、きしむこと自体が気にならなくなることのほうがおおいかもしれません。

 

乾かした後は普通に戻るので、良いのですが、石鹸カスとか出やすいので、最近では少しアミノ酸系洗浄成分が入っているタイプがあるので、そういったのを使用するとよいかもしれませんね。

 

石鹸シャンプーの使用感に関しては個人によって違いがあるくらい賛否両論ですが、使い慣れると慣れるといった感じでしょうか?

 

やはり子供の頃から使用している場合とそうではない場合の時の似ているかもしれませんね。

 

石鹸シャンプーを使用した後酸性のリンスとか必要ですが、髪がきしんでいる状態で乾かしても髪は普通に通りが良くなるので、一度試してみても良いかもしれません。

▲石鹸シャンプーを久々に使ってみることにした。 上へ戻る
石鹸シャンプーを久々に使ってみることにした。 page top