植物オイルをたっぷり配合したシャンプーってどう?

植物オイルをたっぷり配合したシャンプーってどう?

植物性オイルや動物性オイルなどは配合したシャンプーは比較的多いです。オイルシャンプーとか今でもありますし、元々オイルクレンジングなどオイルで汚れを落とすというのは結構昔からあります。

 

あまりなじみがない方の場合には、ラードとかマーガリンなど脂っこいものをイメージしてしまう事があるかもしれませんね。

 

しかし不飽和脂肪酸と呼ばれているタイプの主な脂肪酸を使用した成分は主に石鹸の材料など洗浄作用の元としても使用されていますし、日本でもそうですが、シャンプーなど洗浄するための化学製品なかった時代には椿オイルや海外のモロッコなどはアルガンオイルなど、またホホバオイルを使用していた北米などロウワックスを含めたオイルを使用していた時がありました。

 

オイル以外にも汚れを落とす成分として炭や泥などありますが、植物性オイルなどは髪に必要な艶を与える成分や頭皮の状態を保つために必要な成分が豊富です。
じゃ〜洗浄する作用が必要ないかというとそうでもなく、昔の場合には今よりも薄毛に悩まされている人が少なかった一方毛じらみなどのトラブルが多かったという特徴もあるので、うまくバランスを取っていくのが大切かもしれません。

 

シャンプーにオイルが配合されているといってもほんの数パーセント配合されていれば良い方なので、直接オイルを購入して活用するのが良いかもしれませんね。

 

男性でも頭皮の臭いなど気になっている場合などうまく活用してみると良いでしょう。

 

オレイン酸が豊富で、ビタミンEが豊富だから食材としても優秀ですし、シャンプーに配合されていると髪に艶が出やすいのは植物性オイルも良いですし、椿油も定番ですよね。

 

▲植物オイルをたっぷり配合したシャンプーってどう? 上へ戻る
植物オイルをたっぷり配合したシャンプーってどう? page top