糖質を含む炭水化物は3大栄養素でも摂取量は一番多い

糖質を含む炭水化物は3大栄養素でも摂取量は一番多い

糖質

栄養では糖質と炭水化物では分かれていますが、果物を例にとってみると果糖とペクチンと呼ばれる食物繊維が含まれている事もあるため糖質と食物繊維の両方が含まれている果物もあったりします。

 

直接脳のエネルギーとして使われるため取りすぎないというのは脳の働きを低下させてしまう面もあり、糖質不足は肝臓でグリコーゲンとして貯蓄していきますが、肝臓に負担がかかったり、たんぱく質を分解して糖質を作り出したりするため、糖質不足は基本的には栄養面のバランスを考えると避けると良いと思います。

 

炭水化物も糖質も共通点は植物性など植物関連に多く含まれているのが特徴です。

 

果物や根菜類を含めた野菜などが特徴的ですよね。そのため糖質など脳の直接エネルギーになるお米やパンは主食になります。

 

肉類が主食になることはありませんから、3大栄養素でも脂質やタンパク質よりも普段の食事量では多くとるというのが大切な栄養素です。

▲上へ戻る

page top