オリゴ糖とは?

オリゴ糖とは?

オリゴ糖

オリゴ糖は主に糖類の中でも小さい方になります。

 

分かり言うとごはんなどの場合には消化吸収まで時間が長いので腹持ちが良いのが特徴です。

 

ブドウ糖など単糖類の場合には消化吸収が速くすぐに栄養になりますが、腹持ちが悪いというのが特徴です。

 

オリゴ糖は少糖類なので消化も速いのが特徴です。少糖類の中でも単糖類がなく二糖類からあります。

 

オリゴ糖の場合にはラフィノースなど色々種類がありますが、ブドウ糖がいくつか結合したものをオリゴ糖といいます。オリゴ糖自体が腸内の環境に良かったり、善玉菌であるビフィズス菌の餌になるとよく聞かれるところです。

 

それにはオリゴ糖が消化されないで善玉菌のところまで届くオリゴ糖があるからです。

 

ですので、腸内に良い影響を考えた場合にオリゴ糖を選ぶ場合には消化されないオリゴ糖を選ぶ必要が出てきます。

 

オリゴ糖にはスクラロースやラフィノースなどオリゴ糖とつかない名称のものまで含まれてしまいますが、フラクトオリゴ糖やイソマルトオリゴ糖など、○○オリゴ糖とつく場合には、基本的には腸内に良く善玉菌を増やす傾向があるようです。

▲上へ戻る

page top