アルコール入りの育毛剤のデメリットは?

アルコール入りの育毛剤のデメリットについて

アルコール入りの育毛剤のデメリット

育毛をしていくためには、雑菌を取り除くことも大事ですが、頭皮環境を整えることはもっと重要なことです。

 

頭皮が乾燥すると柔軟性がなくなってしまうために固くなり、いくら育毛のための栄養分を与えても全体に行き渡らなくなり、結果的に毛根組織の働きも活性化しません。

 

また、乾燥はターンオーバーを低下させるので、古い角質が残って皮脂と混ざり合い、毛穴に詰まって雑菌の餌となります。

 

雑菌が繁殖すると炎症やかゆみが起きて、頭皮環境がさらに悪化するので、育毛ができる状態ではなくなってしまいます。

 

アルコール入り育毛剤すべてが効果がない、ということではないものの、アルコールが入っていると栄養も行き渡らず頭皮環境も改善できないので、育毛をしたいのであればアルコールフリーを選ぶようにするのがおすすめです。

アルコール入りの育毛剤のデメリットは? 記事一覧

アルコール入りの育毛剤のデメリットは? 先頭へ戻る