アルコール入りの育毛剤はどうなの?

アルコール入りの育毛剤は良いの?

アルコール入りの育毛剤

育毛剤は、各メーカーによって配合されている有効成分や添加物に違いがありますが、出来れば添加されていないのが望ましいのはアルコールです。

 

ですがアルコールを配合している育毛剤は意外に多く、特にドラッグストアなどで市販されているもののほとんどに配合されています。

 

アルコール入り育毛剤というのは、育毛のために効果のある成分を配合しているのですが、一緒にアルコールも配合されている育毛剤のことをいいます。

 

アルコールというのは、殺菌作用があるので雑菌の繁殖を防いだり、有害な菌を死滅させるという働きがあります。

 

そのため、怪我をしたときに消毒剤として使われたり、育毛剤のように殺菌が必要なものに使われたりします。

 

抜け毛や薄毛が引き起こされるのは、雑菌も原因の一つになるため、殺菌作用があるということは育毛には有効なのですが、アルコールは空気に触れると瞬間的に蒸発するという性質を持っています。

 

蒸発するときにアルコールだけなら問題ないのですが、同時に肌が保持している水分も一緒に空気中に蒸発させてしまいます。

 

つまり、アルコール入り育毛剤を使うと、頭皮の水分がアルコールとともに蒸発してしまうので、頭皮を乾燥させてしまうことになるのです。

アルコール入りの育毛剤はどうなの? 記事一覧

アルコール入りの育毛剤はどうなの? 先頭へ戻る