加齢臭を促進する原因としてタバコがある

加齢臭を促進する原因

加齢臭を促進

加齢臭を促進する原因の1つとして、タバコがあります。

 

喫煙をする人は、タバコそのものにも臭いがあるのですが、加齢臭を促進させるといった効果もあることを知っておくと良いでしょう。

 

タバコを吸うことによって、ニコチンやタール、一酸化炭素などの有害な物質が含まれています。

 

この中で、加齢臭と関係があるとされているのが一酸化炭素です。

 

一酸化炭素が体内に取りこまれることによって、中性脂肪などの脂質を酸化させてしまう効果があるのです。

 

脂肪が酸化されることによって、加齢臭の原因となってしまうノネナールが作られやすくなってしまいます。

 

ノネナールを生成する物質の1つが過酸化脂質であるからです。

 

また、喫煙をすることで加齢臭を促進してしまうもう1つの原因としては、体内のビタミンを破壊してしまうことがあります。

 

ビタミンには身体の酸化を防ぐ抗酸化作用があるのですが、喫煙することによってビタミンが破壊されてしまいます。

 

結果、身体が酸化しやすくなる状態を作ってしまうので、さらに加齢臭を促進してしまうのです。

 

また体が酸化すると頭皮の加齢臭も臭い始めやすいので、しっかり酸化しない様なケアをしていくとよいでしょう。

加齢臭を促進する原因としてタバコがある 記事一覧

加齢臭を促進する原因としてタバコがある 先頭へ戻る