アルコールと加齢臭の関係は?

アルコールと加齢臭

加齢臭

アルコールは加齢臭と深い関係があると言えます。

 

お酒を飲んだ翌日には、アルコールの臭いがすると言ったこともありますが、体臭もきつくなってしまったと言うような経験をした方も多いのではないでしょうか?

 

お酒を飲む時には、ニンニク料理などお酒のつまみとして食べるものそのものが臭いの元になっていることもあります。

 

しかし、アルコールそのものがもともと強い臭い成分を持っていると言っても良いでしょう。

 

アルコールを体内に摂取した時に、肝臓で分解されていくのですが、この時に先ずは酢酸とアセトアルデヒドに分解されます。

 

この酢酸やアセトアルデヒドは臭いの原因成分としても知られています。

 

これらの物質は、ほとんど尿から体外へと排出されることになるので、お酒を飲んだ後にトイレに行くとお酒臭かったという思いをすることになるのです。

 

しかし、尿としてすべてが排出される訳ではなく、一部は汗として排出されたり、呼気として排出されていくことになります。

 

こうした臭いが加齢臭を促進することになります。

アルコールと加齢臭の関係は? 記事一覧

アルコールと加齢臭の関係は? 先頭へ戻る