ストレスと活性酸素について

ストレスと活性酸素

ストレスと活性酸素

では、どうしてストレスを受けると活性酸素が増えてしまうのでしょうか?

 

これは人体の機能的な問題が原因となっており、人体はストレスを感じるとストレスに対抗するために副腎皮質ホルモンを分泌することが知られています。

 

このホルモンが分泌されることによって、活性酸素が発生するとされています。

 

ストレスによって緊張状態が続くことによって血管は収縮してしまって、一時的に血流が阻害されてしまいます。

 

その後、ストレスが解消されるのとともに血管の収縮がおさまり、血液が元通りに流れ始める時に活性酸素は発生するのです。

 

また、強いストレスを受けた時には血糖値が上がるとも言われており、血糖値が上がった状態も活性酸素の原因だと言って良いでしょう。

 

ストレスを解消することが加齢臭対策にも繋がってきますので、ストレスを解消する為にも何らかの趣味を作るようにしておきたいですね。

 

ウォーキングなどの軽い運動をするのも良いですし、アロマセラピーなどのように好きな香りを嗅いでリラックスする環境を作るのも1つの方法だと言えます。

 

またタバコと加齢臭の関係でもあるようにタバコを吸うと活性酸素が増えるので、ストレスに脳が感じることもあるようです。

ストレスと活性酸素について 記事一覧

ストレスと活性酸素について 先頭へ戻る