加齢臭を気にしている場合にはアルコールはほどほどにしよう

加齢臭を気にしている場合には?

加齢臭を気にしている場合

アルコールには体内の血流を促進する効果もあります。

 

血流が促進されることによって体温が上がってしまって、汗を沢山分泌することにも繋がってしまいます。

 

汗をかくと言うことで臭いの元になる原因物質も分泌されることになり、加齢臭が促進されるとも言われています。

 

加齢臭を気にしている方なら、アルコールの摂取は出来るだけ控えた方が良いかもしれませんね。

 

少量であれば、血流の促進効果もあり健康効果もあるとされているアルコールですが、多く摂ってしまうと健康面に害をもたらせてしまうことは十分に留意しておきましょう。

 

アルコールを過剰に摂取してしまうことで、体臭だけではなく思わぬ大病を呼び込んでしまうことにもなりかねませんので、日頃から気をつけておくように意識したいですね。

 

特に肝臓は物言わぬ臓器とも呼ばれており、気づいた時には手遅れになっていたということも少なくありません。

 

肝硬変や肝臓ガンなど命に関わる病気ですので、アルコールを摂取するのであれば、1日に1本などのように決めて、さらに週に何日かは休肝日を作っておきましょう。

加齢臭を気にしている場合にはアルコールはほどほどにしよう 記事一覧

加齢臭を気にしている場合にはアルコールはほどほどにしよう 先頭へ戻る