抗酸化作用のあるビタミンを多く含む食事

抗酸化作用のあるビタミンを多く含む食事をしよう

抗酸化作用のあるビタミンを多く含む食事

ビタミンC、ビタミンE、カテキン、ベータカロチンなどの成分は抗酸化作用があることで知られています。

 

これらの成分は野菜の中でも、特に緑黄色野菜に多く含まれているので、緑黄色野菜を多めにとっていくと良いですね。

 

ビタミンCを多く含んでいる食材としては、パセリやブロッコリー、ほうれん草や駒tな、ニラ、レモンなどになります。

 

ビタミンCは熱に弱く、水に溶けてしまいやすいなどの特徴がありますので、ビタミンCを多く摂りたいのであれば、出来るだけ加熱しないようにして、生で食べるようにすると良いでしょう。

 

ただし生で野菜を食べる時には、上でも書いたようにドレッシングはノンオイルのものを選ぶようにして下さい。

 

野菜を食べるのに脂質がたっぷりなドレッシングを使っていては意味がないからです。

 

野菜を生で食べるのが難しいのであれば、果物を食べるようにしておくと良いですね。

 

イチゴ、リンゴ、みかん、などは手に入りやすい果物ですので、体臭を気にしている方は意識して果物を摂るようにしていきましょう。

抗酸化作用のあるビタミンを多く含む食事 記事一覧

抗酸化作用のあるビタミンを多く含む食事 先頭へ戻る