ストレス社会と体臭

ストレス社会と言われている現代

ストレス社会

ストレス社会と言われている現代ですが、非常に多くの方がストレスを抱えており社会問題となっています。

 

体に様々な悪影響を与えると言われているストレスは、体臭にも大きな影響を与えると考えられます。

 

緊張するとじわっとワキの下の汗が滲んできたという経験をされたことがある方も多いと思いますが、これがストレスによる影響のひとつです。

 

ストレスを感じることで発汗に影響するホルモンが分泌されます。

 

実はストレスを感じることで出る汗と、気温が高い時に出る汗は異なるものなのです。特に脇汗が多くなりやすい傾向の人も多いようです。

 

ストレスを感じることで出る汗はワキの下や乳輪の周りなどに存在しているアポクリン汗腺から出てきます。

 

気温が高い時などに出る汗の場合はエクリン汗腺から出て来るもので体温を調節するために出る汗となっており、ほとんどの成分が水分です。

 

その他にわずかな塩分や尿素などの成分が含まれています。汗の量が多くなると皮脂量が増える代わりに水分量は少ない傾向があるので、敏感肌につながりやすくバリア機能が低下することで老け顔につながりやすいから、お顔のスキンケアでは保湿して老け顔の解消をしっかりしていくとよいでしょう。

 

話を脇汗が多くなる原因に戻りますが、アポクリン汗腺から出る汗にはエクリン汗腺から出る汗と同じ成分の他に脂肪やタンパク質などの成分が含まれています。

 

これらの成分が体に存在している雑菌と混ざり合うことで時間が経つと嫌な臭いを放つようになってしまいます。

ストレス社会と体臭 記事一覧

ストレス社会と体臭 先頭へ戻る