ストレスと加齢臭の関係は?

ストレスと加齢臭の関係は?

ストレスと加齢臭の関係

加齢臭とストレスには深い関係があると言われています。

 

加齢臭と言えば、老化現象の1つになるのですが、ストレスを受けることによって加齢臭が促進するとも言われています。

 

どうしてストレスと加齢臭が関係しているのかと言いますと、ストレスを受けると活性酸素が増えてしまうからです。

 

加齢臭の原因とされているのはノネナールという物質なのですが、このノネナールは皮脂腺から分泌されている脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって発生すると言われています。

 

この過酸化脂質ですが、体内に活性酸素が増えることによって同時に過酸化脂質も増加してしまいます。

 

これは体内で過剰に増えてしまった活性酸素と脂質が反応することによって、過酸化脂質となってしまうからですね。

 

つまり、ストレスを受けることによって、活性酸素が増えてしまうことによって、ノネナールの原因物質である過酸化脂質が増えてしまうので加齢臭が促進されてしまうと言うことに繋がります。

ストレスと加齢臭の関係は? 記事一覧

ストレスと加齢臭の関係は? 先頭へ戻る